文字サイズ

広島・会沢、プロ10年目で初満塁弾

5回広島1死満塁、会沢翼は左越えに逆転満塁本塁打を放ち、二走・新井貴浩(左)、三走のエルドレッド(右)とタッチを交わす=マツダスタジアム(撮影・吉澤敬太)
1枚拡大

 「広島-ヤクルト」(5日、マツダスタジアム)

 広島の会沢翼捕手(27)が1点ビハインドの五回、今季1号となる初の逆転満塁本塁打を放った。1死からエルドレッド、新井、鈴木と3連打で満塁。会沢がカウント1-1から、成瀬が投じた3球目、真ん中低め135キロの直球を強振した。

 高々と舞い上がった打球は、一気に左翼スタンド上段に到達。起死回生の一発となった。プロ入り10年目にして、初めてのグランドスラム。本塁に戻ると新井に手洗い祝福を受けるなど、ベンチもお祭りムード。「執念、執念です!!」と興奮気味に振り返った。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス