文字サイズ

広島・新井が同点適時打 黒田を援護

6回広島1死一、二塁、新井貴浩は同点適時打を放つ=マツダスタジアム(撮影・吉澤敬太)
2枚

 「広島-DeNA」(26日、マツダスタジアム)

 広島が1点ビハインドの六回、新井貴浩内野手(39)の中前適時打で、同点に追いついた。

 1死一、二塁の好機。打席に立ったベテランは、久保康の高めに浮いた初球、134キロのシュートを中前に弾き返した。二走・丸が好走塁で生還。回り込んで、左手で同点のホームに触れた。一塁ベース上で新井は右拳を握り、ベンチに向けて激しくガッツポーズを見せた。

 「何とかしてランナーをランナーを返したかったのでタイムリーになってよかったです」と喜んだ。二回にも左前打を放ち、開幕戦から2試合連続のマルチ安打を記録。この時点で通算1975本目で、節目の大台2000安打まで、残り25本に迫った。粘投を続ける先発・黒田を、ベテランが好調バットで援護した。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      カープ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス