文字サイズ

鯉ドラ2横山“魔球”でフル回転じゃ

 広島のドラフト2位・横山弘樹投手(23)=NTT東日本=が26日、千葉県船橋市の野球部寮で指名あいさつを受けた。開幕から1年間先発ローテを守ることを期待された即戦力右腕は、“魔球”チェンジアップを駆使してフル回転すると約束。「期待を超える活躍をしたい」と意気込んだ。

 気が引き締まった。横山は尾形、松本両スカウトから指名あいさつを受け、1年間先発ローテを守るよう期待された。「ありがたいです。期待を超える活躍をして、チームの優勝に貢献したい」と言い切った。

 社会人の2年間で急成長を遂げた即戦力右腕だ。スリークオーターから繰り出す最速150キロの直球に加え、カット、スライダーなど6種類の変化球を操る。最大の武器はチェンジアップ。「浮き上がって沈む。左打者の内角高めから、外角低めに決まるイメージ」と話す。担当の尾形スカウトは「1軍で通用する。無回転でストンと落ちる。まさに魔球」と太鼓判を押した。

 桐蔭横浜大時代に同級生に握りを教わり、独学で磨いた。それが社会人になって「1試合で1球投げる程度だったボールが決め球になった」と完全に自分のものにした。安田武一コーチの指導でフォームが安定し、すべての球種の制球力が格段に増したからだ。

 プロでは広島・前田、オリックス・金子のチェンジアップに注目する。「他の変化球も生かすボールだと思う。どういう考えで使っているのか、聞いてみたい」と、近い将来に思いをはせた。

 試合をつくる安定感は抜群。「調子が悪くても修正できる引き出しは多く持っている」と話す。まずはチームが優勝を狙う社会人日本選手権(30日開幕、京セラドーム)で、高評価を実証する。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス