文字サイズ

広島打線猛攻!初回に阪神先発をKO 

1回広島無死、左越えに先頭打者弾を放つ広島・丸佳浩=マツダスタジアム(撮影・出月俊成)
2枚

 「広島‐阪神」(27日、マツダスタジアム)

 広島が初回、5安打を集中させる猛攻で3得点。阪神先発の岩崎をKOした。

 1点を先制された直後の攻撃。まずは先頭の丸が、8月23日の巨人戦(マツダ)以来、27試合ぶりの17号で同点に追い付いた。

 「打ったのはストレート。いい打撃ができましたね!」

 さらに菊池が右前打で出塁。新井の打席で盗塁を決めると、エルドレッドの左翼線を襲う適時打で逆転に成功した。

 2死後にも堂林、田中の連打で1点を追加。3点目をたたき出した田中は「打ったのはスライダー。いいところで1本出てよかったです」と振り返った。

 ここで阪神ベンチは早々と、岩崎から鶴にスイッチ。広島打線が意地の猛攻を見せた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      カープ最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス