文字サイズ

広島が逆転星 ジョンソン快挙目前で…

お立ち台で鈴木(右)に水をかけられる石原(中・左はジョンソン)=マツダスタジアム(撮影・出月俊成)
3枚

 「広島4-2中日」(10日、マツダスタジアム)

 広島が鮮やかな逆転勝ちで、カード勝ち越しを決めた。

 1点リードの八回2死一、三塁。それまで無安打無得点を継続していた先発・ジョンソンが杉山に初安打を許し、同点に。さらに三塁を狙った一走・エルナンデスを刺そうと、左翼エルドレッドが三塁に悪送球を犯し、一気に逆転を許した。

 だがその裏、無死一塁から新井の中越え二塁打で同点とすると、2死満塁から石原が中前に2点適時打を放って勝ち越し。九回は中崎が三者凡退で抑えて逃げ切った。

 ジョンソンは「調子は良かった。(ノーヒットノーランを)達成できれば良かったが、今はチームに勝ちが付いたのが何より」と淡々と話した。逆転適時打の石原は「勝てて良かった。ファンの方々の声援のおかげで打つことができました」と笑みを浮かべた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      カープ最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス