文字サイズ

広島、松山の先制打&勝ち越し弾で連勝

 「巨人1-2広島」(8日、東京ド)

 広島が競り勝ち、首位・巨人に2連勝でカード勝ち越しを決めた。

 広島は1-1の八回、3番・松山の左翼越え4号ソロで勝ち越した。松山は、三回にも1死一、二塁から右翼線に先制適時二塁打を放った。

 先発・前田は7回を4安打1失点、8奪三振の好投で9勝目(7敗)を挙げた。打っても三回、1死から中前打を放ち、松山の二塁打で先制のホームを踏んだ。

 2日・DeNA戦(横浜)以来5試合ぶりの先発出場でチームを勝利に導いた松山は、先制打の場面を「とにかく勝つことだけ考えてたんで、何とか塁に出ようと思った」。勝ち越しソロについては「正直入ったとは思わなかったんで、本当にうれしかった」とお立ち台で振り返った。

 ホームランを打ってベンチに戻ると、先発の前田とハイタッチ。「最近マエケンを援護できてなかったんで、マエケンのためにも勝ちたかった」と満足そうに笑うと、「まだまだ先は長いですし、1つずつ勝っていきます。今年は優勝したいんで!」と強い口調で宣言。大きな拍手を浴びた。

 巨人は先発・高木勇が8回を7安打2失点と好投したが、打線はわずか4安打。五回に小林の左翼越え2号ソロで同点に追いついたものの突き放された。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      カープ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス