文字サイズ

エルド右膝かばわず 5月中復帰へ前進

 一緒にリハビリを続ける(左から)エルドレッド、松山、グスマン
1枚拡大

 右膝手術を受けた広島のブラッド・エルドレッド内野手(34)は1軍復帰へ向け着々とリハビリを行っている。23日は、ウエート場でランニングマシンを使いランニング。ティー打撃やノックも行った。手術を受けた右膝をかばうことなくメニューを消化した。24日からは「マシン打撃を再開する予定」と笑顔。交流戦が始まる5月下旬の復帰へ向け、また1つ階段を上がる。

 左脇腹を痛めているヘスス・グスマン内野手(30)は21日から再開したティー打撃で力強いスイングをみせた。負傷から約3週間が経過し「痛みはなくなった。これからペースをどんどん上げていきたい」。福永3軍チーフトレーナーも「来週中には実戦を見据えたリハビリを始める予定」と話した。5月上旬の戦線復帰を目指し、リハビリは最終段階に入る。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス