文字サイズ

緒方監督「あす堂林外す」個人成績重視

 「オープン戦、巨人4-2広島」(21日、沖セル)

 広島・緒方監督が、1軍生き残りバトルのゴングを鳴らした。オープン戦初采配は黒星スタートも「勝敗どうのこうのというのは気にしていない」とお構いなし。それより「打つ、走るをしっかり見たい。作戦はあってないようなもの。個々の力を見たい」と個人成績に目をやった。

 厳しい言葉を投げかけられたのは堂林だ。「7番・三塁」で先発フル出場も、3打数無安打1四球。六回2死満塁の好機では二飛に倒れた。「堂林に関しては打ってないでしょ。明日(練習試合・ロッテ戦)のスタメンは外す。美間でもサードはできる。競争意識を持っている」と言い切った。「(丸、菊池ら)先に出た人は調整」というが、レギュラーが決まっていない三塁に関しては状況が違う。

 その一方で下水流、鈴木将、鈴木誠と右の外野陣が、途中出場でそれぞれ安打を放った。「後から出た人が結果を残した。自分の立ち位置が分かっている」と目を細めた。

 22日から沖縄で5試合の練習試合が組まれている。そこで結果を残さなければ、厳しい現実が待っている。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      カープ最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス