文字サイズ

ドラ1・野間 プロ初のフリー打撃

初フリー打撃で快音を響かせる広島・野間 峻祥=広島県廿日市市の大野練習場
初フリー打撃で快音を響かせる広島・野間 峻祥=広島県廿日市市の大野練習場(撮影・北村雅宏)
フリー打撃をする広島・野間 峻祥(奥中央)に注目する広島ナイン(手前)=広島県廿日市市の大野練習場(撮影・北村雅宏)
3枚3枚

 広島のドラフト1位・野間峻祥外野手(21)=中部学院大=が、広島県廿日市市の大野練習場で、プロ入り後初のフリー打撃を行った。右、左の打撃投手を相手に計51スイング。大勢の選手が見守る中で、鋭い打球を連発した。

 昨年の11月中旬以来、約2カ月ぶりの本格的な打撃練習。「(人の目は)あまり気にならなかったですね。自分のペースでやってます。初めてにしてはしっかりと打てました」と納得の表情だった。

 また、同3位の塹江敦哉投手(高松北高)は、プロ入り後初のブルペン入り。直球に加えてカーブ、スライダー、チェンジアップと持ち球全てを投げた。力のあるボールに「久しぶりで肩もすごく軽くて、球も走っていて良かったです」と振り返った。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス