文字サイズ

野村監督ジュニアが大学野球デビュー

開幕戦スタメンで神宮デビューを飾った亜大・野村=神宮
3枚

 「東都大学野球、亜大3‐1中大」(7日、神宮)

 広島・野村謙二郎監督(47)の長男、亜大・野村颯一郎内野手(1年・崇徳)が開幕戦でスタメンデビューを果たした。

 右投げ左打ちの内野手で、シュアな打撃と俊足が持ち味。背番号7まで現役時代の父と同じだ。

 「7番・DH」で出場。「初めての大学野球のスタメン。緊張した部分はあった」との言葉通り、ニゴロ、投ゴロの2打数無安打に終わり、3打席目に代打を送られた。それでも、2打席とも初球打ちする父譲りの積極性を、両親も観戦する前で披露した。

 メンバー入りが決まった際には、父から「がんばれよ」と激励されたという。野村は「『打ってやろう』という力みがあった」と反省。それでも「今日のことを生かしていきたい。チームが勝つことに少しでも貢献できれば」と、成長を誓った。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      カープ最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(カープ)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス