文字サイズ

野村監督が明言!3・18までサバイバル

 「広島春季キャンプ」(3日、沖縄)

 野村謙二郎監督(47)が18日のDeNA戦(横浜)までに開幕メンバーを絞り込むプランを3日、明らかにした。

 春季キャンプ打ち上げとなったこの日、「キャンプは100点」と採点した上で、鈴木誠、鈴木将、岩見、小野の2軍降格と、5日の練習から梵、安部の1軍合流を発表。さらなる絞り込みについては「開幕メンバーを絞るのは(オープン戦)残り5試合」と期限を設定した。

 投手陣では「前田、バリントン、野村、大瀬良は間隔をあけて起用していく」と4人の開幕ローテは決定。6人で先発を回すもようで、残り2枠についてはオープン戦で見極める方針だ。一岡の加入で中継ぎ陣の競争も激しいが、「連投やロングができるか試していきたい」と話した。

 野手陣ではドラフト3位の田中の存在に注目している。「打撃は1軍のレベルでも使える。内野陣の競争意識が高まるはず」と刺激し合うことを期待。対外試合5試合で17打数2安打2打点だった栗原については「結果を出してくれ、と伝えた」と奮起を促した。

 6人の外国人についても今季加入したフィリップスとロサリオの評価が高く、「競争は激化する」と野村監督。18日のDeNA戦まで、オープン戦、練習試合など実戦は8試合を予定。生き残りをかけた厳しい戦いはこれからが本番だ。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(カープ)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス