楽天 今季5度目の二桁失点と投壊で大敗 5位転落 先発松井が大乱調 初回1死も奪えず8失点降板で涙

 1回、ロッテ打線に捕まり降板した先発・松井(中央)=撮影・開出牧
 5回、田村の内野フライかと思われた打球が風に流されファーストへの二塁打となる。手前は一塁手の茂木、後方は二塁手の山田(撮影・開出牧)
 5回、田村の内野フライかと思われた打球が風に流され捕球できなかった一塁手・茂木(右)。左は二塁手の山田(撮影・開出牧)
3枚

 「ロッテ18-5楽天」(10日、ZOZOマリンスタジアム)

 楽天は投手陣が崩壊し、今季5度目の二桁失点で大敗。5位転落となった。

 初回で勝負が決してしまった。先発の松井が先頭から、打者一巡9人連続出塁を許すなど一つのアウトも取れず8失点でKO。右腕はベンチで涙を見せた。その後リリーフ陣も歯止めがかからず四回に6点、六回に4点と立て続けにビッグイニングを作られ、今季2番目に多い大量18失点となった。

 打線は七回に、ルーキー・中島のプロ初打点となる適時三塁打が出るなど二桁安打を放ったが、序盤の大量失点が重くのしかかった。

野球スコア速報

関連ニュース

編集者のオススメ記事

野球最新ニュース

もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス