日本ハム・新庄監督 2軍でも絶不調だった福田の起用が大的中 抜擢理由は「勘」「寝不足くらいの方がいい」

 ヒーローインタビューで場内の笑いを誘う福田光(左)とレイエス
 6回、右翼線に適時二塁打を放ち、二塁に向かう福田光
 2回、福田光が左前に同点打を放つ
3枚

 「日本ハム5-2楽天」(22日、エスコンフィールド)

 日本ハムが引き分けを挟んでの連敗を3で止めた。4番に抜てきしたレイエスと、昇格即8番でスタメン出場した福田光の起用が的中した。

 福田は昇格即スタメンで2安打2打点。2軍でも打率・170だったが、起用の理由は「勘です。絶不調の福田君を呼びました。(ファームのナイターで)昨日試合出てなかったので、寝不足くらいのほうがちょうどいいかなと。ただそれだけ。彼は気持ちが強い。期待感で出しました」とうなずいた。

 六回、適時二塁打の前には「あまり見過ぎたら詰まるから、ポイントを前に打ちなさい」と耳打ちしたという。助言通りに打つ姿に「初球ポイントを前にしてたので、そこまでと思ったけどあの空振りが良かった」とうなずいた。

 報道陣の取材ではそう語った新庄監督だったが、その後、自身のインスタグラムでは福田への耳打ちについて、「ここで打ったらマンション買ってあげるって伝えて打席に向かわせた!!」とジョークで笑いを誘った。

 第1打席から左前打など期待通りの活躍。勘が的中した形となり、「さすが新庄剛志だな」と冗談まじりに自画自賛していた。

野球スコア速報

関連ニュース

編集者のオススメ記事

野球最新ニュース

もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス