巨人・ウレーニャ 阿部監督減量指令に応えた 15キロ減成功!育成唯一1軍Cスタート

 育成練習に参加したウレーニャ
 楽天次代のウレーニャ(2023年撮影)
2枚

 巨人のエスタミー・ウレーニャ内野手(24)が21日、15キロの減量ボディーで支配下昇格を誓った。育成選手では唯一の1軍キャンプスタートが決定。阿部監督の“秘蔵っ子”は「そのために準備をしてきた。チャンスをつかんで結果を残す。まずは支配下に昇格する」と気を引き締める。

 元々19年、2軍監督だった阿部監督がプエルトリコのウインターリーグで発掘。巨人に3年在籍後、昨季は楽天でプレーした。最大110キロあった体重だが100キロに落として巨人と再契約。オフには指揮官の「体を絞ってこい」指令に、5キロの減量で応えた。来月1日のキャンプまでに「もう3、4キロ落としたいね」と話す。

 成功すれば20キロ近い減量になるが、指揮官の思いに結果で応えたい。「チャンスを広げたいと思って、どこでもできるように練習してきた」と内外野問わず、幅広い起用法に対応する準備をしてきた。この日は育成練習に参加。阿部監督がほれ込んだ未完の大器が、新生巨人のジョーカー的存在になりそうだ。

関連ニュース

編集者のオススメ記事

野球最新ニュース

もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス