富島・日高 162球完投も5失点で敗退「課題」見つかるもプロ入り希望

 「全国高校野球選手権・2回戦、下関国際5-0富島」(11日、甲子園球場)

 富島は春夏通じて3度目の挑戦で、甲子園初勝利を挙げられなかった。

 148キロ右腕、日高暖己(あつみ)投手(3年)が162球を完投も、13安打5失点。六回に四球から2連続適時打を浴び「流れが変わってしまった」と悔やんだ。184センチの本格派右腕にはプロも注目しており、日高も今秋のドラフトに向けて「今日は多く課題が見つかったが、(プロ志望届は)出すつもり」と話した。

関連ニュース

編集者のオススメ記事

野球最新ニュース

もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス