花巻東・佐々木麟太郎 3の0も特大ファウルで存在感 阪神スカウト「振る力すごい」

 「高校野球岩手大会・2回戦、花巻東7-0花巻農」(13日、岩手県営野球場)

 岩手大会では佐々木麟太郎内野手(2年)を擁する花巻東が初戦を快勝。高校通算73本塁打を誇るスラッガーは3打数無安打、1四球だった。

 雨が降る中で迎えた2度目の夏。初戦で怪物から快音は響かなかった。佐々木は「3番・一塁」で出場し、3打数無安打1四球。1打席目から二飛、四球、右飛、右飛だった。

 ただ打てなくても存在感は示した。三回の第2打席、カウント2-1からインコースを強振。右越えの場外に特大ファウルを放ち、相手バッテリーに恐怖心を植え付けた。その後、四球で出塁すると5番・小沢の右越え2ランで生還し、コールド発進に貢献した。

 現在の高校通算本塁打は、岡本和真(現巨人)が智弁学園在籍時に放った73号と並ぶ。世代屈指の強打者を視察した阪神・葛西スカウトも「振る力はすごい。当たったら飛ぶ」とうなった。

 初戦ということもあってスイングに力が入りすぎていたが、主将の田代旭捕手(3年)は「(佐々木が)打てないときは自分がカバーして、いずれ上がってくると思っているので期待しつつ自分も頑張っていきたい」と信頼は厚い。怪物の目が覚めたとき、強力打線はさらに活気を増す。

関連ニュース

編集者のオススメ記事

野球最新ニュース

もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス