文字サイズ

新庄監督が怒!連夜のサヨナラ負け バースデー清宮の走塁ミスに喝「一生、上がっていけない」

 9回、ダブルスチールを仕掛けるも本塁アウトになる清宮(撮影・高石航平)
 二夜連続サヨナラ負けを喫し寂しげに球場を去る新庄ビッグボス(撮影・高石航平)
 9回、ダブルスチールを仕掛け本塁アウトの清宮がリクエストを求めるも知らん顔の新庄ビッグボス(撮影・高石航平)
3枚

 「ヤクルト7-6日本ハム」(25日、神宮球場)

 新庄日本ハムが2点リードの九回、痛恨の大逆転負け。守護神・北山が山崎に3ランを浴び、連夜のサヨナラ負けとなった。

 九回は、この日23歳の誕生日を迎えた清宮の適時打で一時勝ち越し。だが、その裏に悪夢。無死二、三塁のピンチを招くと、山崎に右翼席へ運ばれた。打球が右翼席最前列に届くと、ベンチ前に出た新庄監督はぼう然。しばらく立ち尽くしたまま、苦笑いを浮かべるしかなかった。

 3連敗で借金11。クラブハウスへ戻った新庄監督は怒りの色を隠せなかった。自ら「最後のダブルスチール。あんなミスしてたら一生、上には上がっていけない。スタート遅すぎる」と、厳しい言葉を吐き捨てた。

 指摘したのは九回、勝ち越し打を放った直後の清宮の走塁だ。続く野村の適時打で6点目を奪い、清宮は三塁へ進塁。1死一、三塁の好機、万波の打席でダブルスチールを敢行した。一走・野村がスタートを切り、ヤクルトの捕手・内山は二塁に送球。その間に三走・清宮が本塁を突く作戦だったが、スタートが遅れて本塁憤死。7点目を奪えなかった。

 微妙なタイミングで清宮はリクエストを求めた。だが、新庄監督は首を振ってリクエストせず。ミスへのいら立ちも隠せず「アウトでしょ」と語った。

 3番に起用する清宮への期待は大きい。さらにチームには高いレベルを求めるからこそ、新庄監督は鬼と化した。八、九回と勝ち越した直後でもうひと押しができず「あとは打球判断のミスが多すぎる。打ったら打った、終わり。次は走塁。すぐ切り替える。これをしていかないと」と、チームの反省点も挙げた。最後は「OK?」と、次戦へ気持ちを向けた。

 清宮も猛省。適時打こそ打ったが、「うーん。守備とか走塁で迷惑をかけた。そういうところで流れが続かず、申し訳ないです」と言葉少なかった。

野球スコア速報

関連ニュース

編集者のオススメ記事

野球最新ニュース

もっとみる

スコア速報

主要ニュース

ランキング(野球)

話題の写真ランキング

写真

デイリーおすすめアイテム

リアルタイムランキング

注目トピックス