文字サイズ

清原和博氏「白井さんが気の毒」朗希の球審騒動で見解「一球だけで絶対にしない」

 清原和博氏
 24日のオリックス戦、白井球審と佐々木朗
 24日のオリックス戦、佐々木朗(手前)と白井球審
3枚

 元プロ野球選手の清原和博氏が28日、YouTubeチャンネル「清ちゃんスポーツ」に新規投稿。ロッテ・佐々木朗希投手に白井一行球審が詰め寄った騒動に言及した。

 清原氏は「これはたぶん、あの一球だけの問題じゃなかったと思うんですよ。多分、何球かあったと思うんです。それで、佐々木投手が不服な顔をしていると思う」と推測。騒動となった一球以外でも判定に対して佐々木朗が表情や態度に出す様子を指摘する声もあり、「一球だけで審判はああいうことは絶対にしない。それで堪忍袋の緒が切れて」と語った。

 清原氏は審判への敬意を強調。「ダルビッシュ投手もツイッターで言ってましたが、審判も人間。自分も23年、審判に文句言って退場になったことはない」とし、審判も味方に付ける必要性を唱えた。審判に同情的で、「今、審判の方は大変だと思います。リクエストはあるわ、審判の威厳がなくなってきている。大恥かかされる、ビジョンで。かなり際どい、何回もスローでやって覆る。審判の方も人間。佐々木君に風が吹いているので、白井さんが気の毒です」と苦笑いした。

 野球人として佐々木朗、白井球審ともに“悪者”にはせず、「今回、あまり審判の方は責めないでください。白井審判も必死にやっている。人間ですから」と要望した。

関連ニュース

編集者のオススメ記事

野球最新ニュース

もっとみる

スコア速報

主要ニュース

ランキング(野球)

話題の写真ランキング

写真

デイリーおすすめアイテム

リアルタイムランキング

注目トピックス