文字サイズ

日本ハム・北山 魔女パワーで球界に足跡を「魔法にかかったみたいに」

 日本ハム・ドラフト8位の北山亘基投手(22)=京産大=が魔女パワーで活躍を目指す。14日、新人合同自主トレ後に取材に応じ、大学3年から「魔女トレ」というトレーニングを導入。その効果を「魔法にかかったみたいによくなる。僕もそうだった」と明かした。

 魔女トレとは“魔女”ことプロバレエダンサーの西園美彌さん監修のトレーニング。北山によれば基本は「母趾球、小趾球、かかとの3点で立つこと。まっすぐ立たないと姿勢が良くならない」とし、「地に足が着く感覚。力任せにする運動ではなく、足裏から力まずに身体が使えるようになる」という。

 大学3年の秋の新型コロナウイルスによる自粛期間中に取り組んだ中の1つが「魔女トレ」。翌年春には4勝3敗、防御率1・52の成績を残し、プロへの道につなげた。

 毎日の「部屋で足裏、足指、足首のコンディションを整えている」というトレーニングは欠かさない。魔女によって魔法にかけられた右腕。その魔術で球界にしっかりとした足跡を残す。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス