文字サイズ

立大・山田健太 キャリアハイ誓う 中日・根尾らから刺激「一緒の舞台でやろうと話した」

 東京六大学野球リーグの立大が12日、埼玉・新座市内の同大グラウンドで始動した。今秋ドラフト候補で、リーグ現役トップの通算62安打を誇る山田健太内野手(3年・大阪桐蔭)は「大学生活のキャリアハイが1年生。そこは絶対クリアしたい」と躍動を誓った。

 年末には母校の大阪桐蔭を訪問。3年時に、ともに甲子園春夏連覇を達成した中日・根尾やロッテ・藤原らとも会い、「来年一緒の舞台でやろうと話した。より一層頑張ろうとなった」と刺激を受けた。

 大学ラストイヤーを迎え、大台となる100安打達成にも期待がかかる。「あと38本は高い壁だけどクリアできたら自信になる。日本一になるために、勝つための結果を残していきたい」。勝負の年に、最高の結果を手に入れてみせる。

 ◆山田 健太(やまだ・けんた)2000年7月19日、愛知県稲沢市出身。21歳。183センチ、86キロ。右投げ右打ち。二塁手。千代田小2年から東築ライオンズで野球を始める。千代田中では東海ボーイズでプレー。大阪桐蔭では1年秋からベンチ入りし、3年時に甲子園春夏連覇を達成した。50メートル走6秒4、遠投100メートル。

関連ニュース

編集者のオススメ記事

野球最新ニュース

もっとみる

スコア速報

主要ニュース

ランキング(野球)

話題の写真ランキング

写真

デイリーおすすめアイテム

リアルタイムランキング

注目トピックス