文字サイズ

来秋ドラフト候補 早大・中川主将が三塁→二塁転向へ 来季も「ベストナイン取りたい」

 東京六大学野球リーグの早大が22日、東京・西東京市内の同大学グラウンドで年内の活動を終えた。来秋ドラフト候補の中川卓也内野手(3年・大阪桐蔭)は、本職の三塁から二塁への転向が濃厚。「本格的に挑戦するのは初めて」という取り組みが始まっている。

 「プレッシャーを力に変えてやっていきたい」とプロ志望で、「野球選手の幅が広がってくる」と新たなチャレンジに前向きだ。「セカンドでのベストナインを取りたい」とサードで選出された今秋に続く、2季連続のタイトル獲得を目指す。

 中日・根尾やロッテ・藤原らと3年春夏に甲子園を連覇した高校時代と同じく、大学でも主将となった。「全部勝つつもり」と、常勝軍団を築いていくことも誓った。

関連ニュース

編集者のオススメ記事

野球最新ニュース

もっとみる

スコア速報

主要ニュース

ランキング(野球)

話題の写真ランキング

写真

デイリーおすすめアイテム

リアルタイムランキング

注目トピックス