文字サイズ

巨人・中田翔が1億9000万減の大減俸 1・5億で更改「かなり落ちました」「仕方ない」

 契約更改を終えて会見する中田(球団提供)
 契約更改を終えて会見する中田(球団提供)
 契約更改を終えて会見する中田(球団提供)
3枚

 巨人・中田翔内野手(32)が7日、都内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、今季年俸3億4000万円から減額制限超の1億9000万減となる1億5000万円でサイン。中田は「かなり落ちました。結果を残せてないので仕方ない」と語った。(金額は推定)。1億以上の減額制限は40%だが、これを大幅に上回る56%の大減俸となった。

 今季は8月に日本ハムから無償トレードで電撃移籍。入団から2日後の8月22日・DeNA戦でど派手に移籍1号を放った。だが結果的には34試合の出場で打率・154、3本塁打、7打点と振るわなかった。レギュラーシーズンで2軍落ちも経験。新天地で屈辱にまみれた。

 古巣日本ハムでの暴力問題などで揺れた今季を振り返り、「本当にいろいろな方だったり、ファンの皆さんに心配、迷惑をかけてしまったことに、そこに関してはしっかり受け止めてもっともっと結果を残して皆さんに恩返ししていきたいなと思います」と神妙な様子。雪辱を期す来季に向けて「一から頑張りたいと思います」と強い決意を示した。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス