文字サイズ

花巻東・佐々木麟太郎 OB大谷のMVP獲得に刺激 神宮制覇へ導く

 明治神宮大会が20日、神宮球場で開幕する。昨年は新型コロナウイルスの感染拡大で中止されたため2年ぶりの開催となる。高校の部では初出場の花巻東が開幕試合で、国学院久我山と対戦。佐々木洋監督(46)の長男で高校通算47発の麟太郎内野手(1年)は19日、高校初の全国舞台を満身創痍(そうい)の中で挑むことを明かした。

 今秋の東北大会後に左脚すねの疲労骨折が発覚。しかし、練習では痛み止めを飲みながら準備を進めてきた。この日も都内で最終調整。「ベストではない」と話すが、規格外のスラッガーはチームのためにプレーする。

 偉大なOBのエンゼルス・大谷のMVP獲得にも刺激を受けた。「背中を見て、花巻東に入りたいと思ったのは事実」。先輩も果たせなかった神宮制覇へ、自らのバットで導く。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス