文字サイズ

ヤクルト6年ぶり優勝!「絶対大丈夫」合言葉に阪神との死闘制す 連続最下位から頂点

 リーグ優勝を決めて胴上げをされる高津監督(撮影・堀内翔)
 9回、佐野の三邪飛を捕球して勝利し、喜ぶ村上(撮影・高石航平)
優勝の瞬間、先頭でベンチをとび出す青木(撮影・金田祐二)
3枚

 「DeNA1-5ヤクルト」(26日、横浜スタジアム)

 ヤクルトが6年ぶり8度目のリーグ優勝を決めた。DeNAを下し、優勝へのマジックは1。その直後、横浜スタジアムのビジョンに阪神-中日戦が放送された。阪神の敗戦が決定した瞬間、マウンドに歓喜の輪。高津監督の身体が5回宙を舞った。阪神とのデッドヒートを制し、2年連続の最下位から一気に頂点へ駆け上がった。

 DeNA先発・今永に対し、1点を追う二回、1死二、三塁とし、オスナの三ゴロの間に1点を挙げて同点。三回は、塩見、青木、村上の安打で1死満塁とし、サンタナ、中村の連続2点二塁打で一挙4点を勝ち越した。

 投手陣は決死のリレーで相手打線を封じた。先発・高梨は4回を5安打されながら粘りの投球で1失点。高津監督は4点リードの五回から継投策を選択。五回は石山、田口の2人で0封。六回からはリリーフ要因として待機した高橋が2回無失点でつなぎ、清水、マクガフの勝利の方程式につないだ。

 優勝の原動力となったのはリーグトップの得点力を誇る強力打線。山田、村上を軸にベテラン青木、成長を遂げた塩見、シーズン途中からオスナ、サンタナも加わり厚みを増した。中村や代打の切り札・川端も勝負強さを発揮。打席での冷静さも光り、チームでリーグ唯一500超の四球を選んだことも得点力アップにつながった。

 課題だった投手陣も劇的な変化を遂げた。昨季12球団ワースト4・61のチーム防御率は3点台中盤に。攻めの投球に徹し、与四球はリーグ最少だった。先発陣で奥川、高橋らが成長を遂げ、セットアッパー清水と守護神マクガフの継投策も確立した。

 高津監督のマネジメント力も光った。けがのリスク回避を優先し、奥川ら先発ローテの登板間隔に余裕を持たせて起用。中継ぎに疲労の色が見え始めると、田口やスアレスを配置転換して補った。戦力を落とさず勝負どころの9月に9連勝、10月に7連勝と白星を積み重ねた。

 9月7日、高津監督はミーティングで選手を前にこう言った。かつて恩師・野村克也監督から言われた「結局、勝負は時の運だ」という言葉で選手の重圧をほぐし、「俺たちは絶対大丈夫」、「絶対に崩れない」とうなずいた。

 「絶対大丈夫」の合言葉はファンにも浸透。チーム一丸でつかみとった優勝だった。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス