文字サイズ

ヤクルト V目前で投壊 今野も4連続四死球の乱調 巨人に大量リード許す

1回、西本球審(右から2人目)に石川の交代を告げる高津監督(左)=撮影・佐藤厚
1回途中、4失点でマウンドを降りる石川(中央)=撮影・佐藤厚
2枚

 「巨人-ヤクルト」(23日、東京ドーム)

 首位・ヤクルトが、危機に立たされている。安定感が光っていた投手陣が、打ち込まれた。

 まずこの日の先発・石川が、プロ最短KOとなる1/3回を4安打4失点で降板。高津監督は序盤からの継投を決断した。

 その後は大西、石山がつないだが、五回だ。ここまで勝ちパターンを任されてきた今野が、1死二塁から4連続四死球。2点を痛恨の押し出しで与えてしまった。

 奮起したい打線だったが、巨人・菅野の前に5回2安打1得点。六回には相手の好守が、青木の走塁ミスを生み、反撃とはならなかった。

 2位・阪神とのゲーム差が0・5に迫った状態での一戦。苦しい戦いが続いている。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス