文字サイズ

ヤクルトにまさかのミス 塩見が痛恨のセンター前後逸で一挙3失点 追いつかれる

7回、同点とされ、降板するヤクルト・田口(手前)=撮影・西岡正
7回表無死一、二塁、宇草の中前打を後逸し、ボールを追いかけるヤクルト・塩見=神宮球場
7回表無死一、二塁、宇草の中前打を後逸するヤクルト・塩見=神宮球場
3枚

 「ヤクルト7-11広島」(21日、神宮球場)

 ヤクルトに痛恨のプレーが飛び出した。

 3点リードの七回、無死一、二塁。宇草の中前打を処理しようとした中堅手の塩見が慌ててしまったのか、まさかの後逸。ボールは転々とフェンスまで到達し、打者走者の宇草まで生還した。

 一挙3得点で同点。塩見はぼう然と立ち尽くした。

 この後、田口、スアレスが打ち込まれ、このイニングだけで一挙7失点。6-10と苦しい展開となった。

 結局、このイニングの大量失点が響き、チームは7-11で敗戦。優勝マジックは3のまま、2位阪神とのゲーム差0・5となった。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス