文字サイズ

市和歌山・小園“省エネ”4回0封 チーム猛攻 5回コールドで4強

 「高校野球和歌山大会・準々決勝、市和歌山11-0耐久」(23日、紀三井寺公園野球場)

 市和歌山が9安打11得点の猛攻で耐久を圧倒し、五回コールドで4強進出を決めた。

 阪神など5球団の前で、格の違いを見せつけた。今秋ドラフト上位候補の最速152キロ右腕・小園健太投手(3年)が今夏2戦目の先発に臨み、4回を4安打無失点と好投した。

 初回こそ最速147キロをマークしたが、「決勝まで1日間隔になるので球数が増えたら後に響く。思い切り投げるというよりはコントロール重視だった」と二回以降はコースを突く投球に変更。先を見据えた“省エネ投球”で凡打の山を築かせた。

 視察したヤクルト・小川GMは「高校生の中では非常に完成度が高い。今日は制球重視で相手を見ながら投げ分けていた」と評価。巨人・武田チーフスカウトも「投球センスがいい。将来性を感じる投手」と改めて太鼓判を押した。

 次戦は強打者・渡辺を擁する高野山だが「狙い球を絞らせない投球を」と右腕。日本一を達成するためにも、まずはあと2つ和歌山で勝ちを重ねる。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス