文字サイズ

プロ10球団が目撃 ノースアジア大明桜・風間が157キロ 阪神「評価が上がった」

力投するノースアジア大明桜・風間
試合終了後、捕手とグラブタッチをするノースアジア大明桜・風間(右)
3枚

 「高校野球秋田大会・準々決勝、ノースアジア大明桜4-3秋田」(18日、秋田県立野球場)

 今秋ドラフト1位候補のノースアジア大明桜・風間球打投手が自己最速を4キロ更新する157キロをたたき出した。八回に同点とされて延長戦に突入したものの、10回7安打3失点完投。12奪三振で準決勝進出に導いた。

 バックネット裏には阪神、広島などNPB10球団が集結し、称賛の声が飛び交った。各球団の評価は以下の通り。

 阪神・葛西スカウト「伸びしろを持った上で(150キロ台の)球速が出ている。ここにきてまた評価が上がったと思う」

 ヤクルト・橿渕スカウトグループデスク「ストレートの強さもですが、(変化球で)緩急もうまく使っている。(春と比較しても)よくなっています」

 楽天・後関スカウト部長「(甲子園に出場すれば)目玉になると思う」

 西武・渡辺GM「球の強さは高校生ではトップクラス。角度もある」

関連ニュース

編集者のオススメ記事

野球最新ニュース

もっとみる

スコア速報

主要ニュース

ランキング(野球)

話題の写真ランキング

写真

デイリーおすすめアイテム

リアルタイムランキング

注目トピックス