文字サイズ

巨人連勝!原監督の執念采配で逃げ切り勝ち 打席途中での継投でピンチ脱出

7回途中、厳しい表情でグラウンドを見る原監督(右)(撮影・北村雅宏)
6回、ダイヤモンドを回る・佐藤輝をベンチから見つめる原監督(撮影・飯室逸平)
7回途中から登板する鍵谷(撮影・北村雅宏)
3枚

 「阪神1-2巨人」(20日、甲子園球場)

 巨人が接戦を制し、カード勝ち越し。首位阪神とのゲーム差を6に縮めた。

 原監督の執念がにじみ出た。六回、無死一塁で代打・香月に送りバントを指示したが、成功せず、ヒッティングに切り替えて見逃し三振。指揮官はベンチを叩いて怒りを爆発させた。

 だが、その気迫が乗り移ったか、直後の1死一塁で松原が右翼席へ先制2ラン。主導権を握った。

 この2点を必死に守った。七回、2死二、三塁のピンチではカウント2-2のところで高梨から鍵谷に交代。右腕は1球で北條を空振り三振に仕留めてピンチを脱した。打席途中での継投は昨季もみせた“奇策”だが、大一番で勝負手を繰り出した。

 八回1死一塁の攻撃では丸が送りバントを試みるなど、1点への執念を見せた原監督。九回はビエイラがピンチをしのぎ、チーム一丸で勝利をつかんだ。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス