文字サイズ

巨人・原監督、継投暗転 メルセデス三回途中KO 2番手・田中豊が満塁弾被弾

 3回、メルセデス(右)を降板させる原監督(撮影・田中太一)
 3回途中で降板するメルセデス(撮影・飯室逸平)
 2回、サンズに先制二塁打を浴びたメルセデス
3枚

 「阪神-巨人」(18日、甲子園球場)

 巨人・原監督が三回の守備で投手と野手を交代させた。

 二回に3点を失った先発メルセデスが三回に無死満塁のピンチを招くと、ベンチを飛び出す。

 メルセデスに代えて亀井を起用し左翼へ。左翼ウィーラーを一塁に回し、打順が最も遠くなる一塁・中島に代えて投手・田中豊をマウンドに送った。中島は初回2死満塁で三ゴロ、三回2死一、二塁では空振り三振に倒れていた。

 決死の交代も実らず、田中豊はサンズに満塁本塁打を浴び、0-7と点差は広がった。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス