文字サイズ

天理大が石巻専大にコールド勝ち エース・井奥が4安打完封

 先発で力投する天理大・井奥(撮影・高石航平)
1回天理大1死二塁、先制適時打を放つ天理大・友杉=神宮球場(撮影・高石航平)
2枚

 「全日本大学野球選手権・1回戦、天理大7-0石巻専大」(7日、神宮球場)

 3年ぶりに出場した天理大が石巻専大を八回コールドで下し、2回戦へ駒を進めた。

 先発したプロ注目左腕の井奥勘太投手(4年・立正大淞南)が、4安打完封。立ち上がりは「気持ち的には緊張していないつもりでしたが、技術的な面で良くないところが出た」と自身初となる神宮のマウンドに手こずる素振りも見せたが、二回以降は落ち着きを取り戻し、スライダーやチェンジアップなどで緩急をつけた投球で翻弄(ほんろう)。「球速がある投手ではないので、うまく変化球を見せながら緩急を使えた。この舞台で投げるために天理大に来たので、まず1勝できてホッとしました」と笑顔を見せた。

 打線は、初回に3番・友杉篤輝内野手(3年・立正大淞南)のタイムリーなどで3点を先制。その後は、得点圏にランナーを置くもあと1本が出ない状況が続いたが、八回の2死満塁から、友杉が走者一掃の中越え二塁打を放ってコールド勝ちをもぎ取った。友杉はこの日、5打数4安打と大当たり。藤原忠理監督は「リーグ戦から調子がよかったので、思い切って3番に抜てきしたら当たりましたね」と目を細めた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス