文字サイズ

名城大・松本が完封一番乗り 3安打9奪三振で2回戦へ 全日本大学野球選手権

 力投する名城大・松本(撮影・伊藤笙子)
9奪三振で完封勝利を収めた名城大・松本凌人=東京ドーム(撮影・伊藤笙子)
 9回、松堂を遊ゴロ併殺打に抑え、完封勝利を収めた名城大・松本(撮影・伊藤笙子)
3枚

 「全日本大学野球選手権・1回戦、名城大1-0沖縄大」(7日、東京ドーム)

 去年は新型コロナウイルスの影響により中止となり、2年ぶりの開催となった。東京ドームの第1試合は白熱の投手戦となった。

 最速150キロを誇るサイドスロー右腕が全国に名を轟(とどろ)かせた。名城大先発・松本凌人投手(2年・神戸国際大付)が3安打9奪三振で今大会完封一番乗りを果たした。

 初回、先頭に右中三塁打を浴び無死三塁の危機を招く。しかし、「絶対に点を取らせない」と自己最速タイとなる150キロを投じる気迫の投球。2者連続三振と遊ゴロに抑え、ピンチを切り抜けた。

 全国の舞台に立つのは初めてという松本。「マウンドに立つと緊張なくなっていた。自分の投球ができた」と大舞台で存分に力を発揮した。

 2016年から就任した安江均監督(60)は、現在広島のクローザーとして活躍する栗林良吏投手を擁して同年と17年に明治神宮大会に2度出場したが、いずれも初戦敗退。この日が全国大会初勝利となった。「強い気持ちがあった。非常にうれしい」と頬を緩めた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス