文字サイズ

ノースアジア大明桜・風間 8球団の前で7者連続含む10奪三振

 「春季高校野球秋田大会・2回戦、ノースアジア大明桜6-3大曲工」(30日、グリーンスタジアムよこて)

 みちのくの剛腕が奪三振ショーだ。最速153キロ右腕で今秋ドラフト上位候補のノースアジア大明桜・風間球打(きゅうた)投手(3年)が先発し、阪神など8球団スカウトの前で5回3安打3失点ながら10三振。初回2死から7者連続三振を奪い、大器の片りんを見せつけた。

 築いた三振の山が昨秋からの成長の証しだ。「変化球をうまく使えたので、打者のタイミングとかをうまく崩せた」。スライダーやフォークに加え、冬場に取り組んだチェンジアップなど全球種を決め球にして封じた。

 ただ、最大の武器である直球には課題が残った。最速はロッテのスピードガンで149キロ。相手に真っすぐを狙われ、「スピンとかがあまり効いていなかった」と四回1死二、三塁から3ランを許した場面を猛省した。

 本調子ではない中での投球だからこそ、すごみが増す。初視察した阪神・和田TAは「腕の振りもいいし、球が強い。高校生でこのぐらい投げられるピッチャーは、そうはいない」と高評価した。

 ヤクルト・橿渕スカウトグループデスクも「才能の一端は垣間見えた。森木(高知)、小園(市和歌山)、達(天理)と同じところにいる」と高校生投手ではトップクラスと認めた。投球の幅を広げた右腕は、ドラフトの目玉となる可能性を秘めている。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス