文字サイズ

夏の甲子園から休養日1日増 同一都道府県内の練習試合OKに

 日本高野連は28日、オンラインで理事会を開き、選手の健康管理を考えて第103回全国高校野球選手権大会(8月9日開幕)から、休養日を1日増やすことを決めた。前回大会までの準々決勝翌日と準決勝翌日に加え、3回戦と準々決勝の間に休養日を設け、計3日とする。

 また、東京五輪のために例年よりも全国大会の開幕が遅く、代表校決定から大会まで期間が空くことを考慮し今大会に限って調整を目的とした同一都道府県内での練習試合を認めることも決めた。

 同連盟の小倉好正事務局長(62)は「今後の感染状況を見て必要な協議をしながら、できる限りの準備をしていきたい」とコメント。2年ぶりの夏の甲子園開催に向け、準備を進めていくとした。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス