文字サイズ

大商大・伊原「大事な場面で自然に声が出た」10回4安打1失点11奪三振で完投勝利

 「関西六大学野球、大商大3-1大経大」(24日、ほっともっとフィールド神戸)

 大商大・伊原陵人投手(3年・智弁学園)が延長10回を4安打1失点11三振の熱投で、チームを勝利に導いた。

 「首位直接対決で自分の投球で勝利を呼び込みたかった。大事な場面で自然に声が出てしまった」と闘志むき出しの投球を見せた。初回から全力で腕を振る。最速147キロを誇る力強い直球を軸に2つの三振を奪って、三者凡退の立ち上がり。

 気迫があふれ出たのは五回。先制した直後に同点を許し、なお2死二塁と一打勝ち越しのピンチ。しかし、ここで3番・三浦を3球三振。悪い流れを伊原が振り払った。

 「冬場にランニングやウエートで下半身を鍛えました」という伊原の球威は落ちることなく、最後の打者を144キロの速球で空振り三振。拳を小さく握りしめ、勝利をかみしめた。

 「代わりどころがないくらい。手のつけようがなかった」と富山陽一監督も手放しで称賛。「今日勝てたのはチームとしても大きかった。ここで気を抜かずに、明日勝ち点1を取れるように貢献したい」と慢心せず、すぐさま次の一戦を見据えた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス