文字サイズ

今秋ドラフト候補の駒大・鵜飼2安打1打点 阪神スカウトも右の大砲を高評価

 「東都大学野球、駒大2-1国学院大」(9日、神宮球場)

 駒大が接戦を制し、今季初白星を挙げた。今秋ドラフト候補の4番・鵜飼航丞外野手(4年・中京大中京)は先制打を含む2安打1打点。主砲の役割を果たした。

 好機でしっかりと結果を残した。初回2死三塁での第1打席で詰まりながら、左越え適時二塁打。5日の今季初戦ではチャンスで打てず4打数ノーヒットでチームも完封負け。「きょうは何が何でも打ってやろうと」と気持ちが打球に乗った。

 六回先頭でも詰まりながら中前へ運んだ。視察した阪神・吉野スカウトは「(初回の適時打は)力で持っていった」と評価。身長182センチ、体重100キロのがっしりとした体格からの長打は魅力だ。貴重な右の大砲候補としてアピールを続けていく。

関連ニュース

編集者のオススメ記事

野球最新ニュース

もっとみる

スコア速報

主要ニュース

ランキング(野球)

話題の写真ランキング

写真

デイリーおすすめアイテム

リアルタイムランキング

注目トピックス