文字サイズ

聖カタリナ 涙の主砲川口「自分が打てなかったせいで…」一打逆転サヨナラ機に凡退

 試合後、涙を流す聖カタリナ・川口翔大(中央)=撮影・伊藤笙子
 9回、川口翔大の三ゴロを処理した東海大菅生・小池祐吏(手前、奥は二塁走者・足達遥都)=撮影・伊藤笙子
2枚

 「選抜高校野球・1回戦、東海大菅生4-3聖カタリナ学園」(24日、甲子園球場)

 創部5年で春夏通じて初の甲子園出場なった聖カタリナ学園(愛媛)が初戦で敗退。終盤に追い上げを見せて、東京都王者を苦しめたが、あと一歩届かなかった。

 3点差で迎えた九回、1死から桜井頼之介投手(3年)、足達遥都捕手(3年)の安打などで満塁の好機を作り、捕逸と犠飛で1点差に迫った。さらに2死満塁としたが、4番の川口翔大内野手(3年)が三塁ゴロに倒れて終戦。川口は「申し訳ない気持ち。自分が打てなかったせいで…」と、敗戦の責任を一身に背負った。最速145キロのエース・桜井は2本の本塁打を浴びるなど、8回4失点。投打に課題を残す春となった。

 「夏にこの借りを返す。その気持ちでいっぱいです」と、目を真っ赤にして決意を固めた川口。夏こそ勝って笑ってみせる。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス