文字サイズ

岡田彰布氏が分析 中日は足の使える選手で得点力アップ 中軸はしっかりしている

 阪神、オリックスで監督を歴任したデイリースポーツ評論家の岡田彰布氏(63)が、虎のライバルとなるセ5球団の現状を分析する。第4回は中日。

  ◇  ◇

 昨季、3位になった中日は投手陣が安定していると感じる。エース・大野雄を筆頭に柳、福谷らが先発ローテを支えることになるだろう。リリーフ陣もストッパーのR・マルティネスが来日できており、開幕に間に合う見通し。前年通りのパフォーマンスを見せることができれば、心強い存在だ。

 キューバ代表が五輪最終予選を戦う際に、R・マルティネスが招集されるかどうかが気になるところだが、祖父江、福ら中継ぎ陣も充実している。だからこそカギとなるのは、得点パターンの構築だろう。

 メンバーを見る限り、機動力などを使って点を奪うイメージがつかない。阿部や平田が3割20本くらいの成績を残せば問題ないが、広いナゴヤドームを本拠地とする以上、なかなか一発というのは期待しづらい。

 トップバッターの大島、ビシエドや高橋ら中軸はしっかりしているだけに、足を使える新戦力が台頭してきたら得点力は上がるかもしれない。そういう選手を開幕までに発掘できるか、そうでなければ外国人野手をもう一枚、先発オーダーに並べるか。とにかく中日はピッチャー陣がある程度、計算できるだけに、打つ方が機能するかがポイントだ。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス