文字サイズ

DeNA育成1位の石川達也が仮契約 まず「支配下」そして「ベイスターズの顔に」

 DeNAから育成1位指名された石川達也投手(22)=法大=が29日、横浜市内のホテルで入団交渉を行い、支度金300万円、年俸340万円で仮契約。故障に苦しんだ経験を糧とし、プロではケガに強い体を作り上げていくと意気込んだ。(金額は推定)

 今年の4月に鉄棒から落下した際、左手首を骨折。手術を余儀なくされ、秋までリハビリ生活だった。登板機会が少なかったため育成契約となったが、本来はロッテに1位指名された法政大・鈴木と「同じくらいの評価」と八馬スカウト。この悔しさをプロでは力にする。

 「まだまだ体が細いので、ケガに強い体を作りたい。大学4年間で痛感したので」と石川。高校時代は左肩、大学3年時は脇腹とこれまで故障に悩まされてきたが、最新鋭の施設とプロのトレーナーの力を借りて強靱(きょうじん)な肉体を手に入れたい思いだ。

 背番号は101番。それでも八馬スカウトは「すぐに変わると思います。即戦力として(競争に)入ってきてほしい」と期待を寄せた。リリーフとしての適正はあるが、石川は「与えられたポジションで頑張りたい」とこだわらない姿勢。「支配下に上がるのは大前提。ベイスターズの顔となる選手に」と大きな目標を掲げた。

関連ニュース

編集者のオススメ記事

野球最新ニュース

もっとみる

スコア速報

主要ニュース

ランキング(野球)

話題の写真ランキング

写真

デイリーおすすめアイテム

リアルタイムランキング

注目トピックス