文字サイズ

巨人 坂本は試合直後にぼう然 悪夢の3連敗にベンチから立ち上がることできず…

9回、ゲームセット。ぼう然と打球を見つめる巨人・原監督(左から2人目)ら=ペイペイドーム(撮影・北村雅宏)
3枚

 「日本シリーズ・第3戦、ソフトバンク4-0巨人」(24日、ペイペイドーム)

 巨人が悪夢の3連敗。崖っぷちに追い込まれた。

 九回2死、丸の安打で球団史上初となる日本シリーズでのノーヒットノーランの屈辱は回避。だが、2年連続の4タテ危機となった。

 わずか1安打で完封負け。試合後、坂本はぼう然とグラウンドを見つめたまま、しばらく立ち上がることができず。表情から、ショックを隠せなかった。

 この3戦、奪った得点はわずか3。坂本自身、初回のチャンスで空振り三振に倒れるなど、今シリーズ打率・200。チーム打率・112と貧打に苦しんでいる。

 原監督は「非常に悔しい思いをしているのがね、もう全員が悔しい思いをしているわけでね」と、ナインの気持ちを代弁。第4戦へ「明日に備えてゆっくり休んで、目が覚めたら覚醒しているということで…。まあ、なってもらいたいと思います」と願った。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス