文字サイズ

清宮弟・福太郎 2四球も打点なし 早実来春センバツ絶望的

 「秋季高校野球東京大会・準々決勝、二松学舎大付6-4早実」(7日、ダイワハウススタジアム八王子)

 日本ハム・清宮の弟、早実の清宮福太郎内野手(2年)は逆転負けで準々決勝敗退となった。1安打2四球で4番としてこだわる打点を挙げられず。来春センバツ出場は絶望的となった。

 敗戦が決まった瞬間、二塁走者だった福太郎は三塁を回ったところで肩を落とした。「まだ甲子園に行くには足りないのかなって言われている気がします」。走者を2人置いた場面で2度打席を迎えたが、いずれも凡退。三回無死一、二塁では二ゴロ併殺打で天を仰いだ。

 表情にも悔しさがにじむ。試合後のインタビューでは目をうるませ、時折言葉も詰まらせた。来春の聖地切符を逃し、残すチャンスは来夏のみ。「もう一回、自覚を持ってこの冬を越えなきゃいけない」と前を向いた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス