文字サイズ

ドラフト注目の近大・佐藤、オリックスのラブコールに「ありがたい」と感謝

 オリックスの牧田勝吾編成部副部長と下山真二スカウトが14日、奈良県生駒市内の近大グラウンドを訪問。前日に、26日のドラフト会議で1位指名することを公表した近大・佐藤輝明内野手(4年・仁川学院)にラブコールを送り、佐藤もオリックスからの高評価に感謝していた。

 佐藤の打撃練習後、牧田副部長は佐藤に対して「昨日の今日で、思いを伝えたいと思ってきました。大阪の球団なのでぜひユニホームを着て欲しい」などと熱い口調で直接語りかけた。オリックスは9月に面談を行っており、約2週間前からこの日の練習視察は決まっていた中、前日の公表を踏まえて改めて評価を伝えた。

 佐藤は「ありがたいことなんで。評価していただいたことはうれしいです。ありがたいなと」とオリックス側の思いに感謝。この日、ヤクルトと西武も調査書を持って練習の視察を行い、これで12球団すべてから調査書が届く形となって、佐藤は「全球団、同じように評価していただきましたし、ありがたいです」と話していた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス