文字サイズ

オリックス【きょうは何の日】1991年、ルーキーの長谷川が10勝目、新人王当確

 「ロッテ1-3オリックス」(1991年9月14日、川崎球場)

 オリックスのルーキー長谷川滋利があと一人のところで球史に名を残し損ねた。

 1959年に南海・木村保投手が達成したパ・リーグ新人記録の29回連続無失点。そのタイ記録に迫った八回2死三塁。代打・五十嵐を追い込みながら痛恨の右前適時打を打たれた。この瞬間、連続無失点記録と3試合連続完封が消えた。

 「ダメだ。こんなもんですよ」

 新人王当確の2桁勝利を挙げて、チームメートから祝福されても長谷川は悔しさの方が勝った。

 「無失点のことは全然知らなかった。開幕から6連敗したから勝つことしか考えてなかったですよ。五回に3点目が入ったときには何とか(完封を)と思ったのに、八回のタイムリーはスライダーのボール球、ワンバウンドにしたら絶対に振るところなのに。ワンバウンドしなくて…」

 それでも堂々の1失点完投勝利。土井正三監督は「八回をのぞけばピンチを併殺や三振でしのいで粘りがあったね」と褒めた。

 記念のウイニングボールもあっさりスタンドに投げ込んだ長谷川。

 「これからもチャンスはありますよ」

 さわやかに笑った。

 この試合、ブーマーがユニホームを忘れて欠場する“職場放棄”のアクシデントがあったが、小川博文の5号ソロ、藤井康雄、松永浩美の適時打などでカバーした。

 当日のスタメンは次の通り。

(4)福良淳一

(6)小川博文

(5)松永浩美

(D)石嶺和彦

(3)藤井康雄

(9)熊野輝光

(2)中嶋 聡

(7)高橋 智

(8)本西厚博

(P)長谷川滋利

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス