文字サイズ

【新井貴浩氏の眼】DeNA・佐野に“ブレ”ない良さ

 「DeNA6ー1阪神」(9日、横浜スタジアム)

 DeNAは6試合連続の2ケタ安打で快勝した。4番・佐野が3試合連続となる猛打賞、2戦連続3打点の大暴れ。先発・上茶谷は7回5安打1失点で今季初勝利を挙げた。デイリースポーツ評論家・新井貴浩氏は、佐野の好調の要因としてブレない軸を挙げ、上茶谷の腕の振りと力強い直球を評価した。

 佐野の良さはスイングする時に軸がブレない点だ。軸がブレないということは、自分から相手投手に寄りながら打ちにいっていないということ。故に、ポイントの“幅”が広く、距離が取れている。

 自分から投手に近づかないということは、ポイントの近くで打つこともできるし、ポイントを前にしてさばくこともできる。例えば緩い球に対して、自分から投手側に寄りながら打撃をする“走り打ち”をするタイプの打者がいる。

 佐野は、それではなく、しっかり振り切ってから走りだす。その場で振り切ることができており、それは軸がしっかりしていることの証しでもある。

 一方、先発・上茶谷も良かった。腕の振りが素晴らしく、ストレートも速く力強かった。捕手・戸柱の構えたミットに対して制球が外れたとしても、ボールは低く、目立った逆球もなかった。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス