文字サイズ

近大・佐藤を渡辺GM画像絶賛「スケールの大きさある」4タコも高評価

 「関西学生野球、近代5-3同大」(6日、わかさスタジアム京都)

 近大が同大を下してリーグ戦初勝利を挙げた。今秋ドラフト1位候補の近大・佐藤輝明内野手(4年・仁川学院)は4打数無安打1死球だったが、阪神などプロ7球団が視察した中、西武・渡辺久信GM(55)はスケールの大きさを高評価した。立命大は開幕2連勝。今秋ドラフト候補の栄枝裕貴捕手(4年・高知)が4打数3安打の活躍を見せた。

 結果こそ出なかったものの、チームとしてリーグ戦初勝利を挙げたことが大きい。佐藤は「チームが勝てたので。自分は次に切り替えて、次に打てるようにがんばります」と前を向いた。

 初回にはいきなり無死一、三塁の好機が巡ってきたが、空振り三振に。二回には死球を受けて出塁したものの、その後3打席も快音は響かなかった。それでも、初めて視察した西武・渡辺久信GMは「あの体とパワーというか、スケールの大きさがあります。(守備面も)守れるね。彼は1つのポジションでクリーンアップを打つ選手と、そういうふうに見たい」と評価した。

 「力が入っているというか、自分のスイングがうまくいってない」と佐藤。この日の反省を生かし、巻き返しを図っていく。

関連ニュース

編集者のオススメ記事

野球最新ニュース

もっとみる

スコア速報

主要ニュース

ランキング(野球)

話題の写真ランキング

写真

デイリーおすすめアイテム

リアルタイムランキング

注目トピックス