文字サイズ

DeNA投壊…5点リード守れず痛恨ドロー ラミ監督「すごく長い試合だった」

 「広島12-12DeNA」(4日、マツダスタジアム)

 あと1死が奪えなかった。両チーム計33安打の乱打戦は痛恨のドロー。DeNA・ラミレス監督は開口一番、「間違いなく言えることはすごく長い試合だった」とジョークを飛ばしたが、表情は険しかった。

 投手陣が踏ん張れなかった。5点のリードをもらった先発の井納は四回に追いつかれて降板。五回に勝ち越したが、山崎、石田、三嶋が失点を重ね、リードを吐き出した。

 この日もブルペン陣はフル稼働。「それぞれ、選手は結構な試合数を投げている。ただ、こういう試合はいかざるを得ない」と指揮官。一方で「昨日も実は2桁安打。だんだんよくなっている」と打線の上向き気配に手応えを感じる。投打をかみ合わせ、何とか連敗を止めたい。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス