文字サイズ

巨人・原監督「あそこは待てではない」3ボールから痛恨併殺の重信を責めず

7回、選手交代を告げる巨人・原監督。手前は併殺に倒れた重信=甲子園(撮影・田中太一)
3枚

 「阪神5-4巨人」(4日、甲子園球場)

 巨人は猛追も1点及ばず、連勝が5でストップ。戸郷が3敗目を喫した。

 5点ビハインドの展開から、首位の底力は示した。西勇に抑え込まれていた打線が反撃を開始したのは七回。丸、大城の適時打で2点を返してなお1死一、三塁。代打重信は3ボールからスイングしたが、痛恨の投ゴロ併殺打となった。積極的なスイングが裏目となったが、原監督は責めなかった。

 「やっぱりあそこは待てではないし。任せたという中で。まあ、本人も打つ気満々でいったけれどもというところでしょうな」。続けて「本人がどう思うか。こっちは待ては出していないから。足も速いしダブルプレーもないだろうという中で」と振り返った。

 ネクストサークルにはウィーラーも控えていた。「2アウトならウィーラーというところで。1アウトでうまい具合に(重信に)回ってきた。重信に任せた。結果的にああいう形となった」と、代打を送った経緯を含めて説明した。

 大チャンスで勝負に出た選手の姿勢を否定することは一切せず、「また明日」と次戦へ目を向けた。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス