文字サイズ

巨人が今季初サヨナラで連勝 代打・亀井が劇打、初球で仕留め「試合時間3秒」

9回、サヨナラ打を放ち、ナインに祝福される巨人・亀井善行(撮影・西岡正)
3枚

 「巨人4-3ヤクルト」(13日、東京ドーム)

 巨人が九回、亀井のサヨナラ安打で、連勝を果たした。巨人のサヨナラ勝利は今季初。この日試合がなかった2位・DeNAとのゲーム差を4に広げた。

 初回に先発のメルセデスが3失点したものの、持ち直して二回から六回は無失点と試合をつくった。

 この間、四回に丸が15日ぶりとなる9号ソロ、続く中島が2者連続となる4号ソロで1点差に詰め寄った。五回には、岡本が詰まりながら中前に落とす適時打で同点に追いついた。

 両チーム救援陣が踏ん張る展開となり、試合は九回へ。巨人は中島がヤクルト・大下から左前打を放ち出塁し、走塁のスペシャリスト・増田大が代走で登場。吉川尚の打席で、警戒される中で今季10個目となる二盗を決めた。

 吉川尚と、続く代打・若林は倒れ2死二塁になったところで、坂本は申告敬遠。試合途中から2番に入っていた若林のところで亀井が代打で指名された。

 ヤクルトも投手をマクガフにスイッチしたが、亀井は初球をスイング。中前に運び、勝負を決めた。ヒーローインタビューでは「試合時間3秒だったんですけど、なんとか仕留めれてよかったです」など、振り返っていた。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス