文字サイズ

ソフトバンク・柳田が規格外弾、体勢崩されても14号逆転3ラン 1試合2本目

 6回ソフトバンク2死一、二塁、柳田が右越えに3ランを放つ=ペイペイドーム
 6回ソフトバンク2死一、二塁、柳田が右越えに逆転3ランを放つ=ペイペイドーム
 6回、3ランを放ち工藤監督らに迎えられるソフトバンク・柳田(右端)=ペイペイドーム
3枚

 「ソフトバンク-オリックス」(11日、ペイペイドーム)

 ヘルメットを置き去りにして、ソフトバンクの柳田悠岐外野手が14号の逆転3ランを放った。

 序盤に5-0とリードしたソフトバンクだったが、五回表に二塁手川瀬の2つの失策からまさかの6失点で逆転を許していた。

5対6となって迎えた六回裏、2死一、三塁で打席に立った柳田。ここでオリックスは「左殺し」の斎藤を投入してきたが、柳田にそんな小細工は通用しなかった。

3ボール1ストライクからの外角スライダーだった。柳田は完全に体制が崩されて体が泳ぎ、ヘルメットがするりとこぼれ落ちるスイングとなった。しかし、打球は大きな弧を描いてぐんぐんと伸び、右中間のホームランテラスへ飛び込んでいった。

 まさに柳田らしい規格外の一発だ。髪をなびかせてダイヤモンドを一周する際には珍しくガッツポーズも飛び出した。この試合2本塁打目で、ソフトバンクが8対6と試合をひっくり返した。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス