文字サイズ

松山聖陵が大勝で決勝進出、昨夏敗れた宇和島東と対戦 平安山「リベンジしたい」

 「高校野球愛媛大会・準決勝、松山聖陵10-1帝京五」(8日、坊っちゃんスタジアム)

 松山聖陵が七回コールドで大勝し、昨年に続いて決勝に進出した。

 今大会初登板となった金城善太投手(3年)が先発し、粘りの投球を見せた。「(エースの)平安山がいるので、後のことを考えずに思いっ切り投げられた」と、初回から飛ばし、走者は出しながらも3回無失点。「今までチームに貢献していなかった分、やってやろうと思った」と、今大会初登板でしっかりと起用に応えた。

 打線は初回、3番川口端午外野手(たんご、3年)の適時二塁打で先制すると、3回にも2点。六回に3安打を集め、相手のミスも見逃さず、一挙5点を奪い試合を決めた。

 四回からはエースの平安山陽投手(3年)がマウンドへ。金城の好投を引き継ぎ、六回の無死満塁のピンチも最少失点で切り抜け、3回を1失点で抑えた。最後は甲子園経験もある高松亨有投手(りょう、3年)が3人できっちり締めた。

 決勝の相手は昨年と同じ宇和島東。「リベンジしたい。ここまでいろんなピッチャーが助けてくれた。最後は自分の力で優勝したい」と平安山。気合十分で1年越しの勝利を誓った。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス